妊娠初期の葉酸サプリの飲み方

なぜ、妊娠初期の葉酸は重要なの?

それは…妊娠3ヶ月を過ぎると胎児器官形成が
出来上がってしまうからです。

 

それまでの間に、赤ちゃんの脳や神経を作るのに
とても大事な栄養素である葉酸を過不足無く、
しっかりと摂る必要があります。

 

葉酸を摂るべき時期は?

 

妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間です。
胎児の先天異常の多くは、妊娠直後の妊娠3週目
(まだ妊娠に気付いていない時期)から
妊娠10週の間に発生すると言われています。
そして、神経管閉鎖障害などの中枢神経系の先天異常は、
妊娠7週までの間に発生します。
よって、その時期が最も葉酸が必要な時期になります。

 

葉酸の役割とは?

 

葉酸は、細胞の伝達情報が集まっている
DNAの合成に必要なビタミンです。
DNAの合成が正常に行われることで、細胞が正確に
分裂して増え、赤ちゃんは十分に成長できるのです。

 

もし葉酸が不足すると…?

 

細胞分裂が正常に行われなくなってしまいます。
その結果、脳や神経の先天性異常、障害のリスクが
高まることがわかっています。
特に、神経管閉鎖障害(二分脊椎・無脳症等)のリスクが
高くなることが知られていて、もしもそうなると、
下半身麻痺のような重度の障害、
最悪の場合は死亡という結果になってしまいます。

 

 

予定外の妊娠…いわゆる「出来ちゃった」という状態に
なる女性が日本にはとても多いことをご存じですか?
日本人の予定外の妊娠率は約64%なんです!
この場合は、おそらく葉酸は摂取していない方が
ほとんどでしょうから、すでに妊娠初期の大事な時期に
葉酸を摂取してない…という結果になりますよね。

 

また、妊娠が分かって産婦人科へ足を運んだ際に、
「葉酸を摂りましょう」っていうパンフレットやポスターを
初めて目にして、慌ててしまったという方や、
妊娠6ヶ月以降の母親教室などで栄養指導を受ける頃になって
ようやく葉酸の重要性を知ったという方もいます。

 

予定があっても無くても、妊娠の可能性があるならば
もうその段階で葉酸サプリを摂取することが大事!!
これが赤ちゃんを守る第一歩ですよ。